フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション” > 床・フローリング・フロアコーティング お役立ち情報 > フローリングの種類|フローリングの基礎知識

フロアコーティング お役立ち情報

フロアコーティング お役立ち情報

フローリングの基礎知識

フローリングの種類

フローリングには大きく分けて2種類に分類できます。
「無垢フローリング」と「複合フローリング」です。

無垢フローリング
原木から、そのまま切り出して作られたものです。乾燥による変形や割れなどが生じにくいという特徴があります。
複合フローリング
合板やMDFといった基材の表面に薄くスライスしたフィルム上の木材や木目風に印刷したシートを張り付けたものです。表面が薄いので、変形や剥がれなどが起こりやすいと言えます。
無垢フローリングと比べると材料コストが安く、ほとんどの住宅に採用されています。

ここでは、一般的な住宅に多く使われている「複合フローリング」についてご紹介します。

構造は合板や集成材、MDFといった基材の表面に木材などの薄い材料を張り合わせる形状となっています。
※MDFとは、木材の粉末をファイバー状に固めたものを指します。

主な表面材

表面材には、「天然木化粧」・「特殊加工化粧」があります。

天然木化粧 天然の木材を薄くスライスしたものです。
特殊加工化粧 合成樹脂や塗料・紙などの材料に様々な加工を施して
強度や物性を高めたもののことを指します。
主な表面加工
EB処理 電子線を表面に照射することにより、表面の耐久性を高めたもの
UV塗装 表面を樹脂に塗膜で覆い、紫外線により硬化させます。

複合フローリングは安価でいて施工の安定性(無垢は色ムラがおき易い)などから多くの住宅で採用されています。シートタイプのフローリングも完成度が高く、日本の印刷技術により本物のように再現されています。

しかし、表面部分は無垢フローリングと比べると、表面部分の剥がれやめくれが起きやすく、構造上とても弱いと言わざるを得ません。
日々の生活による床への負担や水分の浸入による劣化など、フローリングを傷める要因はさまざまです。
フローリングの表面を保護する対策は必要と言えます。

フローリングの基礎知識

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious

  • フロアコーティング ガラスコートRine
  • フロアコーティング シリコンガードPro
  • 窓ガラスフィルム
  • 水廻りコーティング
  • 防カビコーティング
  • イオン触媒コーティング
  • 和室白木コーティング
Pickup Campaign
ご新築・未入居のお客様限定今なら各種コーティングの施工価格が最大20%OFF
先得特典10%OFF
フロアコーティング施工実績
関東地方
東京神奈川千葉埼玉茨城
群馬栃木静岡
中部地方
愛知新潟富山石川福井
山梨長野岐阜
近畿地方
大阪奈良兵庫滋賀京都
和歌山三重
Way-formation
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション”
株式会社 Way-formation 〒153-0044 東京都目黒区大橋2-12-1 DRホームズ1階
TEL:03-6407-2425 FAX:03-6407-2426 FREEDIAL:0120-160-320