フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション” > 床・フローリング・フロアコーティング お役立ち情報 > ワックスからフローリングコーティングまでの歴史

フロアコーティング お役立ち情報

フロアコーティング お役立ち情報

コラム

ワックスからフローリングコーティングまでの歴史

2013.9.10

フローリングの保護にはワックスとフローリングコーティングの方法があります。ワックスから最先端のナノガラスコーティングまでの進化の歴史を少し紹介したいと思います。

日本は伝統的に木製の床が使われてきています。
効果的な床への保護方法は絶えず研究されてきた経緯があります。

1950年代から60年頃にかけては油性のワックスが使用されていましたが60年代に入ると水性ワックスがでてきました。往来の油性と比較すると施工性が良く、仕上がりもいいので一気に大流行しました。しかし油性・水性はマジックでも馴染みがあると思いますが油性に比べ水性はとれやすいですよね。
ワックスも同様です。水性はどうしても油性と比較すると耐久性に難があります。その為、定期的なメンテナンスであるマメな塗り直しが必要な点があります。60年以降から現在でも使用されている樹脂系のワックスでも耐久性の部分はなかなか向上されませんでした。

耐久性の向上の研究が進み2000年に入るとようやくコーティング技術が広まり始めます。初期にでたのがシリコン系コーティングやマニキュア系のコーティングです。水分だけでなく薬品に対する耐性もこの頃から徐々にクリアされていきます。UVコーティングは今から6~7年前ぐらいからでてきました。

新しいコーティングが生まれれば次は更に問題点を改善したコーティングが生まれてきます。シリコン系やUVコーティングは経年すると歩行による擦り跡が白くなる弱点が発見されました。また当初は強い光沢感が人気でしたが、落ち着いた仕上がりのコーティングが求める声が大きくなってきます。

4年前ごろに開発されたのがガラスコーティングです。ガラスコーティングは高い硬度によりキズに強いのが特徴で、経年による美観維持の点もクリアしました。

同じガラスでも出た頃から更に現在は進化しています。ナノ技術を用いたナノガラスコーティングの誕生です。引張り強さや弾性率・熱変形率の物性が飛躍的に進化したことで、季節や床暖房による木材の伸縮や上からの衝撃による床の変形にもコーティング被膜がしっかり追随することが可能となりました。
また落ち着いた光沢感が家具との調和もとれやすく、人気となっています。

※記事はあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容につきましてはご利用者様の責任においてご判断ください。

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

  • フロアコーティング ガラスコートRine
  • フロアコーティング シリコンガードPro
  • 窓ガラスフィルム
  • 水廻りコーティング
  • 防カビコーティング
  • イオン触媒コーティング
  • 和室白木コーティング
Pickup Campaign
ご新築・未入居のお客様限定今なら各種コーティングの施工価格が最大20%OFF
先得特典10%OFF
フロアコーティング施工実績
関東地方
東京神奈川千葉埼玉茨城
群馬栃木静岡
中部地方
愛知新潟富山石川福井
山梨長野岐阜
近畿地方
大阪奈良兵庫滋賀京都
和歌山三重
Way-formation
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション”
株式会社 Way-formation 〒153-0044 東京都目黒区大橋2-12-1 DRホームズ1階
TEL:03-6407-2425 FAX:03-6407-2426 FREEDIAL:0120-160-320