フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション” > 床・フローリング・フロアコーティング お役立ち情報 > フローリングを長持ちさせる8つの大切なコト|フローリングの基礎知識

フロアコーティング お役立ち情報

フロアコーティング お役立ち情報

フローリングの基礎知識

フローリングを長持ちさせる8つの大切なコト

水分がしみると傷みの原因になりますので、水や飲み物などをこぼしてしまったらすぐにふき取って下さい。また、濡れた雑巾やお洋服などをフローリングの上に長く放置しないこともポイントです。
窓際など直射日光が長時間当たると、日焼けによる変色が起き、絨毯やカーペットを敷くと色違いの原因となります。また、ヒビ割れ等が生じやすくなりますので、直射日光はカーテンやブラインドなどで遮ってください。
冷蔵庫やピアノのように重い物は板を敷いて重さを分散させ、家具の脚にはキャップをはかせるなどの配慮が優しいです。
家具や椅子が床と接する面にはフェルトや柔らかいゴムキャップなどをつけ、また出来るだけ引きずらないようにすることが傷を防ぐことにつながります。また、キャスター付きの椅子や家具を使用すると、床材の表面にへこみ傷が生じる恐れがあります。
フローリングに敷くカーペット、玄関マットの固定の為に床に貼ったテープなどを強くはがしてしまうと、表面を損傷することがありますので注意して取り除いてください。
一般的に木質フローリングは湿度や温度の影響を受けやすく、とてもデリケートなため湿気の多い梅雨時には伸び、乾燥する冬場には縮みます。窓の開け閉めや室内の換気で調整するようにして下さい。
乾燥しすぎは反りや割れの原因となりますので、加湿器で部屋の湿度を 50~60%以内に調節するのがおススメです。
ホットカーペットの使用は熱がこもり、ひび割れの原因となります。その場合、一般的には断熱性のシートを敷いて熱を和らげてご使用下さい。

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

  • フロアコーティング ガラスコートRine
  • フロアコーティング シリコンガードPro
  • 窓ガラスフィルム
  • 水廻りコーティング
  • 防カビコーティング
  • イオン触媒コーティング
  • 和室白木コーティング
Pickup Campaign
ご新築・未入居のお客様限定今なら各種コーティングの施工価格が最大20%OFF
先得特典10%OFF
フロアコーティング施工実績
関東地方
東京神奈川千葉埼玉茨城
群馬栃木静岡
中部地方
愛知新潟富山石川福井
山梨長野岐阜
近畿地方
大阪奈良兵庫滋賀京都
和歌山三重
Way-formation
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション”
株式会社 Way-formation 〒153-0044 東京都目黒区大橋2-12-1 DRホームズ1階
TEL:03-6407-2425 FAX:03-6407-2426 FREEDIAL:0120-160-320