フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション” > フロアコーティングの用語集 > 経時変化

フロアコーティングの用語集

フロアコーティングの用語集

基本用語から専門用語まで。


か行

経時変化

経時変化とは

経時変化とは、時間の経過と共に部材の材質が劣化していく現象を言います。住宅材については、建築専門家の言うことには、床のフローリングの部分が経時変化の現象に従い、最も傷みやすい部材として挙げられています。

その理由は、住宅に暮らす中で、歩行又は家具等の接触面による摩擦や、太陽からの直射日光による紫外線の影響や、雨等による湿潤で、フローリング材に塗布されていたコーティング剤が剥がれ落ちて、木材が露出し加速的に損傷し始めるからだそうです。

このように、フローリング材の経時変化は避けられないのですが、微細ガラスコーティング剤と言う最新の保護剤を使用することで、フローリング材の材質の劣化速度を遅くし、長持ちさせることはできると建築専門家は述べているのです。

<< 用語集TOPへ戻る

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

  • フロアコーティング ガラスコートRine
  • フロアコーティング シリコンガードPro
  • 窓ガラスフィルム
  • 水廻りコーティング
  • 防カビコーティング
  • イオン触媒コーティング
  • 和室白木コーティング
Pickup Campaign
ご新築・未入居のお客様限定今なら各種コーティングの施工価格が最大20%OFF
先得特典10%OFF
フロアコーティング施工実績
関東地方
東京神奈川千葉埼玉茨城
群馬栃木静岡
中部地方
愛知新潟富山石川福井
山梨長野岐阜
近畿地方
大阪奈良兵庫滋賀京都
和歌山三重
Way-formation
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション”
株式会社 Way-formation 〒153-0044 東京都目黒区大橋2-12-1 DRホームズ1階
TEL:03-6407-2425 FAX:03-6407-2426 FREEDIAL:0120-160-320