フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション” > フロアコーティングの用語集 > 打痕

フロアコーティングの用語集

フロアコーティングの用語集

基本用語から専門用語まで。


た行

打痕

打痕とは

フローリングなどの床材には硬いものや重量物を落とした際に打痕という凹み傷が付きます。フローリング材はある程度の硬さまでは凹み傷が付かないように製造されており、合板を基材とし、その上の層にMDFやHDFという木質繊維板を重ね、仕上げに単板と呼ばれる薄い木のシートを貼り付けて作られています。通常はMDFやHDFが落下物に対して有効に働き、傷が付くことはありませんが、重量物が落下するなどのケースでは打痕が付いてしまいます。

打痕の補修方法には二通りあり、傷が付いているフローリングのピースを張り替える方法と、凹み傷の部分に樹脂などを注入し平滑にした後、着色と木目を描いて目立ちにくくする方法があります。

<< 用語集TOPへ戻る

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

  • フロアコーティング ガラスコートRine
  • フロアコーティング シリコンガードPro
  • 窓ガラスフィルム
  • 水廻りコーティング
  • 防カビコーティング
  • イオン触媒コーティング
  • 和室白木コーティング
Pickup Campaign
ご新築・未入居のお客様限定今なら各種コーティングの施工価格が最大20%OFF
先得特典10%OFF
フロアコーティング施工実績
関東地方
東京神奈川千葉埼玉茨城
群馬栃木静岡
中部地方
愛知新潟富山石川福井
山梨長野岐阜
近畿地方
大阪奈良兵庫滋賀京都
和歌山三重
Way-formation
コーティングの、大切さを、わかりやすく。
フロアコーティングなら“ウェイ・フォーメーション”
株式会社 Way-formation 〒153-0044 東京都目黒区大橋2-12-1 DRホームズ1階
TEL:03-6407-2425 FAX:03-6407-2426 FREEDIAL:0120-160-320